43歳独身セミリタイア

仕事・映画・ドラマ・時事ネタ

スポーツ界騒動と千葉すず

いま、スポーツ界が騒々しい。

 

アメフト。

ボクシング。

体操。

 

わたしが知る限り、

協会への反抗を

最初にテレビに出したのは、

水泳の千葉すずだったと思う。

 

20年前だ。

 

彼女の言動は、

実力ではなく、美しい容姿のみで

テレビのアイドルに祭り上げられる

ことに反抗する、

子どもとしての憤りだった。

 

そののち、陸上の為末大さんが、

インテリジェントに

既成概念を疑う姿勢を見せた。

 

彼には貫く思想があり、

冷静に思考するので、

彼がスポーツ界に反抗するのではなく

エビデンスを提示できない

旧体制の方々が、

勝手にイライラしていたようだ。

 

そしていま。

スポーツ界の人が、

次々と記者会見を開いている。

 

なぜいまなのかな?

 

アメフトの騒ぎで火がついた

というのが理由のひとつだろう。

 

もうひとつは、

2020東京オリンピックがあると思う。

 

2年後のオリンピックで

メダルを取るために、

 

強化プログラムが発生し、

ものすごいお金が

スポーツ界で動いていると思う。

 

そのうねりのなかで、

法令遵守の精神が足りていない

協会だと、

 

お金の配分の仕方や

プログラムの対象、内容に

不満が出る。

 

普段声を出せない人たちは、

このままオリンピックを

迎えてはいけない!

今しかない!

 

と同じタイミングで

声を出す結果になっているのかな。

 

どういう仕組みを作れば

強い選手が出来上がるのか。

 

どういう体制を作れば

税金や宝くじの収益金が

私物化されたり

権力者の力の源にならないのか。

 

わたしは、為末大さんに

各協会をチェックしてもらいたい。