43歳独身セミリタイア

仕事・映画・ドラマ・時事ネタ

普通であれということ

杉田議員は、子どもの頃すこし変わっていて、

だから、「普通になりなさい」と育てられた。

普通であることは、とても難しいことだと知ったと。

 

わたしが読んだいくつかの差別主義者も、こういう教育を受けていた。

 

これは全部想像だけど。

本来の自分を押し殺して、普通になることに心血注いだ人にとって、

個性豊かな人たちは、憎むべき対象になるんだろう。

 

自分がこんなに頑張って親に認められる普通の生き方を行っているのに

あれはなんなんだ。

あんなに勝手に生きていいのか。

 

こんな風だと思う。

 

でもね。

杉田議員、結局普通枠には入っていないと思うんです。

 

どっちにしろ変わった人に育つんだったら、

他人を憎む変な人になるより、

おおらかな変な人になるほうが良いと思います。