45歳独身セミリタイア

40代でセミリタイアするために奮闘する独身の日記です。

会社から自由になる

(このページは常にトップページに

なるよう設定されています)

 

【ブログの紹介】

このブログは

仕事・お金・健康・映画レビュー

のカテゴリに分かれています。

 

セミリタイア情報だけ読みたい方は、

この日記のタイトルについている

【仕事・転職情報】をクリック

してください。

 

 

人員削減。

メンタル休職の増加。

 

 

サラリーマンを取り巻く状況は

悪化の一途をたどっています。

 

 

そのなかで

定年まで苦しんで生きていく

必要はありません。

 

ちゃんと準備をしていれば

辞めたっていいんです。

 

1人で抱え込んで病気になり

一生を棒にふるのはやめよう。

 

心身の健康。

将来が心配にならない程度の貯蓄。

 

これらに気をつけながら

退職するタイミングを

計っていきましょう。

 

 

公務員辞めたい - 45歳独身セミリタイア

 


 

 

 

 

 

 

優しさか傲慢か

このあいだ。

 

ボランティアで

障害者施設を訪れた。

 

授産所で作ったクッキーを

障害者のかたが販売することの

お手伝い。

 

ある男性が。

クッキーを買ったあと、

そのクッキーを、

販売した障害者の人に渡した。

 

障害者の人は、

とても悲しそうな顔をしました。

 

労働の喜びを味わって

一生懸命働いていたのに。

 

施しを受けたような

気分になったからだろう。

 

健常者と同じことはできないけど。

障害者にもプライドがある。

 

みんなの一生懸命を

大事にできる社会にしたいな。

 

そう思いました。

 

高齢者の人に対しても同じで

過剰な気遣いや同情、

幼児のように扱うことは、

彼らを怒らせてしまいます。

 

やりたいことと

やってほしいことが違うこともある。

 

それを胸に置いて

仕事やプライベートを

過ごしていきたい。

 

あ、これって

男女関係にもあてはまるかも。

「ハングオーバー」

★★★★★

Netflix

 

結婚前のバチェラーパーティで

ラスベガスに行った男4人組。

 

弾けすぎて

昨夜の記憶が全くない!

 

ついでに花婿が行方不明!

 

という

おバカMAXのアメリカ映画。

 

何も考えずに

盛大に笑いたい夜に最適です。

 

ブラック企業を退職する作法

数年前にネットで有名になった

ブラック企業退職後の

いやがらせの詳細がこちら。

ブラック企業の「退職後嫌がらせ」の実態 転職先に「あることないこと」伝えられ、クビになった被害者も | キャリコネニュース

 

30代40代が退職するのは。

 

心身の不調で働けなくなったときか。

セミリタイアが成功したときか。

良い転職先が見つかったときだ。

 

心身不調のときは、

それをそのまま伝えて

退職の手続きをするのがよい。

 

退職金、傷病手当金、失業手当

などで有利に扱われることが

あります。

 

ただし、

退職証明に病気退職と記載される

フォーマットを採用している場合には

次の会社の採用面接の際に

不利になる場合もあります。

 

 

セミリタイアに成功して辞める場合は

絶対にその旨を伝えないこと。

 

海外留学するとか。

親の介護をするとか。

田舎に帰るとか。

 

そういう退職理由にしてください。

 

セミリタイアは、

誰もが憧れるけど実行できない

一大決心です。

 

セミリタイアを口に出すと

妬まれてしまいます。

また、貯金額の詮索もされます。

 

転職も、

ブラック企業の中では妬まれるので。

ブラック企業に勤める人は

セミリタイア組と同じように

退職理由は親の介護と言うこと。

 

セミリタイアも転職も。

がんばって得た成果なので。

誰かに言いたくなるものです。

 

でも。

 

誰かの妬みの感情は

思わぬ場面で

あなたの新生活を脅かすかも

しれないのです。

 

ブラック企業を退職する際は

未来の自分につながる情報は

伝えないほうがよい。

 

 

 

 

「南瓜とマヨネーズ」

★★★☆☆

魚喃きりこ 原作

 

夢もあるのに。

愛もあるのに。

暮らしていくうちに

だんだん見えなくなっていく。

 

あなたのために。

あなたのために。

お互いが思っているのに。

お互いを傷つけてしまう。

 

迷子の迷子のだれかさん。

道に迷って見えなくなる。

 

 

そんな映画。

ラストの歌がジンときました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

南瓜とマヨネーズ フィールコミックス / 魚喃キリコ 【コミック】
価格:1012円(税込、送料別) (2020/1/11時点)

楽天で購入

 

 

変わる自分

ある方の日記を読んで思った。

 

自分は日々変わっていくんだ。

 

色んな人に会い、

色んな経験をして変わる。

 

だけど自分の意思は

過去に固定されままで。

 

意識をしないと、

自分が変わっていることに

気づかない。

 

本当に大事なことはなんだ。

今の自分は何が好きなんだっけ?

 

大事なことは健康。

 

好きなことは

自由であること。

色んな人と軽く交流すること。

 

やってみたいけど

向いてないと諦めているのは。

 

1人の人と深く関わり

長い時間を一緒に過ごすこと。

 

人生、

上手くいけばあと50年。

 

セミリタイア自体が目標ではない。

 

自由に楽しく生きていきたい。

 

「失踪トロピカル」

★★★★★

七緒与史 作。

 

Kindleアンリミテッドにあり、

題名の軽さに魅かれて

読んでみました。

 

タイのカオサンが舞台です。

 

すごく面白かったのですが、

題名に反して

死人出まくりのスリラーで。

 

お正月には

相応しくありませんでした。

 

怖いのが好きな人には

おすすめです。

 

作者の七尾与史さんは、

ドラマ「ドS刑事」の原作者です。